11月3日(文化の日)

国旗をベランダに!
日の丸のデザインって
薩摩藩(プチおばさんの故郷)の島津斉彬公が
鹿児島市内から見た桜島から昇る太陽を美しく思い、これを国旗にしようと家臣に言って黒船の来航(江戸末期の1853年)により、海上で日本と外国の船をどう見分けるかということになり幕府は、薩摩藩主の島津斉彬公の「白帆に朱の丸」との提言を受け入れ、日本の船を表わす船印を「日の丸」と定めました。
日の丸の旗は、近代の夜明けとともに生まれ、まず船に、そして港など海岸近くの場所などに掲げられていったのだそうです。

でねっ!
その島津斉彬公ゆかりの照国神社←clickで挙式を挙げたプチおばさん達は
記念品として「日の丸の旗」を頂きました。せっかくなのでとベランダに。
意外に大きい~ビックリ!!ですが、秋空に映えているでしょ。

そして!
文化の日らしく「メンデルスゾーン」にスポットを当てたクラシックコンサートへ出かけたの。
1984年生まれの若き指揮者「川瀬賢太郎」ヴァイオリン独奏「郷古廉」京都市交響楽団(日本で唯一の自治体直営オーケストラ)の演奏は心地よく幸せな爽やかな風が吹くようでした。若き指揮者のわかりやすい曲目解説が演奏前にあり、これがまたこじんまりとした京都コンサート会場を一体化にする魔法のようでした。

 

 

 

 

 

 

せっかくだから
この秋空を楽しまない手はない!と
鴨川沿いを散歩しながらコンサート会場へ向かったのよ。
トンビにおやつを狙われないように注意しながら、川風とせせらぎに包まれ
マロンパイ&チョリソーサンドをベンチでいただいたりなんかして・・・

 

 

 

 

 

 

皆さまの文化の日はいかがでしたか?
あちらこちらのイベントにお出かけの方も多かったことでしょうね。
紅葉の始まりも感じた文化の日でした。

ブログ(日常のこと)←click

関連記事

  1. 当選したので「京都国立近代美術館」へ行ってきました。

  2. 切り絵「無限菊」知恩院にて。

  3. 京都市内の気象警報は解除されました。

  4. けがれ落しと恵みの雨

  5. お茶タイムを神戸にて。

  6. 小津和紙のお店