アナログで文章を綴る。

情報のやり取り、意思のやり取りは
誰もがいち早く、かつリアルタイムで行うことが日常のようですよね。

でも。。。
意思のやり取りにタイムラグのあった時代を過ごしてきた
プチおばさんにとっては
急用でもないのにリアルタイムで意思表示を求められることに疲れることも多々あります。

最近
手紙や葉書のアナログな意思確認のやり取りをする機会があり
感情の深さや自分を見つめ直すには最適な方法と思えてなりませんでした。
今の想いを書く。
郵便に託す。
相手が受け取るまでの時間は楽しんだり心配したり・・・想像の翼はいくらでも広がります。
届いたと連絡が来る。
内容について遠慮がちに話す。
いつとはハッキリしない頃に返事が来る。
受け取ったと連絡する。
また、話す。
お互いに約束したわけでもないのに、いつまでかは分からないやり取りを繰り返す。

郵便屋さんが運んでくれるその時間(タイムラグ)には
書いたその瞬間とは違う様々な感情が自分の中で行きかうのだけれども
勘違いも、同意もいづれにしても愛おしいと感じるものなのですね。

ましてや
相手の文字を見ると「綺麗とか読みやすい文字か」とか関係なく
どんな想いでこれを書いたのだろうかと想像の翼はさらに膨らみます。

葉書や便せんを選ぶ楽しさを味わったり、ペンの色まで変えてみたり。
はたまた、文章の長さに悩んだり。アナログは厄介だけど面白い。とさえ思えてしまいます。

スマホで画面で文章を作成したときに、下に予想の候補単語や文章が出てくるのとは
全く違い、漢字がわからなければ調べるし、微妙な表現も選ぶ。
これまた面倒くさいことがなかなか楽しいですよ。
そんなことが楽しめる年齢になって来たと喜ぶべきでしょうか。

昨日
大好きな「永田萌」さん妖精村 ←clickのイラストが届きました。
そう!
小学生?中学生のころだったでしょうか?
故郷のデパートで、永田萌さんのイラストを見たときに
インクだけで、こんな素敵な絵が描けるのだと感動し
葉書を集めだしたのでした。
この集めた葉書の中から季節に合わせて絵柄を選び
アナログなやり取りを楽しく続けています。

秋の気配も深まってきたこの頃
メルアドだけではなく大切と思う人の住所を訊ねてアナログ発信はいかがでしょう。

 

関連記事

  1. 8月となりました。

  2. そうだKYOTO行こう。

  3. 邪気を払い、新しい季節を迎える。

  4. 京都のお得なランチをご紹介しましょう。

  5. 東シナ海が故郷です。

  6. 砂の祭典