砂の祭典

私の故郷(高校時代を過ごした)南さつま市では

毎年、砂の祭典をしているのよ。

砂だけを固め、彫刻したこの作品は

世界にただ一つの砂の美術館クリック

のプロデューサー茶園勝彦さんの作品です。

どうやったら、支えも無く砂以外の芯も無いのに

珊瑚の形なんてよく崩れずに立体感が出てるとビックリで見入ってしまったわ。

遠く離れた故郷のイベントは、五月と言うのに蝉が鳴いて驚いてしまったほどでしたが、もっと多くの皆さまに来ていただきたいなぁー。

関連記事

  1. 京都劇場「恋におちたシェークスピア」へ

  2. 布巾のきもち

  3. やっと梅雨入(京都)です。

  4. なまり?方言?の効果

  5. 土砂災害や川の氾濫にご注意ください。先ずは、皆さまの安全確保…

  6. 京都のお得なランチをご紹介しましょう。