切り絵「無限菊」知恩院にて。

綺麗でしょ。
絶対に失敗しないのだって。凄いわよね。
根気よくカッターで30センチ×50メートルの美濃和紙を切り抜いていきます。

ほらこれも!

 

 

床の間に飾られた(手彫り)の掛け軸

 

 

全体を見ると圧巻、近くで彫柄を観てはため息をついちゃいました。

無限菊!というタイトルに感心しながら

 

おぼろげな知恩院の山門で時を過ごしたの。まったりと春が終わって行くようですね。

関連記事

  1. お茶タイムを神戸にて。

  2. 桜三昧の平成さいごの春でした。

  3. 東シナ海が故郷です。

  4. 2019年 健康を保つ太極拳からスタートです。

  5. 京都のお得なランチをご紹介しましょう。

  6. アナログで文章を綴る。