7月10日の「健康を保つ太極拳」

今日の部分稽古は9式「単鞭」でした。

表紙の写真のことです。腕全体を鞭のように柔らかくしならせ、肩の力を抜いてゆっくりと行う動きです。
これはね。たったこれだけって、簡単そうな単純な動きだけど
どうして、こうして、奥が深いのです。
「普段通りの方向でやってみましょう。」「鏡の方を向いて自分の姿をチェックしながらやってみましょう」
皆さまが、一つづつの動きを丁寧に習得されていく様子が今日も嬉しい時間でした。

そして
この教室の特徴としては
「からだを丈夫にするための8つの運動=8段錦」を一つづづ解説しています。
普段から気持ちよく気功をやってはいますが
どういう効果があるとか、効果を効率よく結果に結びつけるにはどうしたらいいのか。
板書と楽舞師範テキストを使って、畦崎師範が普段から感じている動きへの思いを身近な言葉で解説してくださるコーナーがあるのですよ。

 

なかなか良いでしょう。

 

 

 

 

 

深く納得がいくと身体の覚えも早いのですから。学んだら即、やってみましょう。

今日のポイントは、ゆっっくり。何事もやり過ぎはダメですよ❗️

  • 目を使い過ぎると、血によくない。
  • 長く寝すぎると、気によくない。
  • 長く座りすぎると、肉によくない。
  • 長く立ちすぎると、骨によくない。
  • 長く歩きすぎると、筋によくない。

 

 

 

 

 

 

過ぎたるは及ばざるがごとしですよ。と、納得の解説でした

師範が二人体制は、協力し合い、色々な取り組みが出来て有難いです。

ゆったりとした動きこそが、深い呼吸を誘導して、血の流れを良くしてくれるのだから、肌を生き生きさせてくれる効果があるの。肌の老化を防ぐことは、若々しい印象を与えるだけでなく、新陳代謝を高めてくれるから「健康を保つ太極拳」 のひとつですね。

次はこちらを、7月24日にたのしみましょう。